新旧HP移行中 旧サイト「Relaxing Room♡Chinacoのこんまり片づけLesson」で過去のビフォーアフター画像など多数掲載中 ここをクリック

海のエコマークとは?持続可能なシーフードをラクに選べる♪【エシカル消費ガイド】

何を買っていいか、どれがエシカル商品かわからない時に認証マークが役にたちます。エシカル消費をしたい私たちが知っておくべきはモンドセレクション受賞のマークじゃなくて、エコマーク(両手で地球を抱きしめているみたいなマーク)。でもシーフードにも海のエコマークがあるのを知っていますか?

①MSC認証

MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)の厳正な認証規格に適合した漁業で獲られた持続可能な水産物にのみ認められる証、それがMSCラベル、通称「海のエコラベル」です。

MSC「海のエコラベル」

https://www.msc.org/jp/what-we-are-doing/thisiswildJP

MSC認証とは「確実なトレーサビリティ(※¹)を支えるサプライチェーン(※²)のCoC(※³)認証」のこと

さて、訳しますと

「確実な(食品の)追跡可能性を支える供給連鎖※¹の中でMSC認証の水産物と非認証の水産物とを確実に分別するための仕組みであることを認める証」のことです。

※¹ トレーサビリティ=追跡可能(性)食品等の流通・品質管理の分野において、商品の生産過程や流通過程が流通・製造・原料の飼育や栽培に至るまで遡って追跡できること

※² サプライチェーン=供給連鎖:商品が消費者に届くまでの原料調達から製造、物流、販売といった一連の流れのこと

※³ CoC:「Chain of Custody(管理の連鎖)」のこと

消費者が購入する最終製品やレストランのメニューなどにMSC「海のエコラベル」を付けるためには、漁獲後の流通・加工段階で認証された水産物と非認証の水産物が交じることがあってはなりません。MSC認証を取得した漁業で獲られた水産物であるということを保証し、認証水産物が非認証水産物と交じるリスクを最大限抑えることを目的とした仕組みがCoC認証です。この目的を達成するためには、サプライチェーンのあらゆる段階で完全なトレーサビリティが確立されなければなりません

https://www.msc.org/jp/what-we-are-doing/thisiswildJP

まさにエシカル消費したい私たちのためのエコマーク!

MSCの目的は、消費者の力で世界の水産資源枯渇を食い止めることです。MSC「海のエコラベル」が付いた製品が市場に増え、購入が進むことによって、持続可能で適切に管理された漁業が広がり、対象となる漁業資源やその周辺の海洋環境が守られていきます。それにより、将来にわたって魚を獲り続けていくことができます。そのためには、消費者も知り、考え、選ぶことができる市場の確立が必要なのです。

https://www.msc.org/jp/what-we-are-doing/thisiswildJP

スーパーで切り身で買う魚は産地だけがかろうじて分かるもののどんな流通経路で手元にきたのかわかりません。ましてやどんな漁獲方法で獲られたものかなんてわかるはずがありません。厳しい基準で管理され、認証されたマークの存在は頼りになりますね。

エシカル消費の初めはこういった認証マークのあるものから選んでいくのがいいでしょう。

②asc認証

asc認証とは国際的なNPOである水産養殖管理協議会(ASC)による承認で、責任ある養殖を認定されたマークです。

水産養殖管理協議会(ASC)は、WWF(世界自然保護基金)とIDH (オランダの持続可能な貿易を推進する団体)の支援のもと、2010年に設立された、独立した国際的な非営利団体です。

人口増加、海洋環境の悪化にため私たちは養殖に頼らざるを得ません。養殖はすべての過程に人の手が入るため養殖場周辺の環境に悪影響を与えていないか?餌や薬品のが定められた量以下であるか?働く人の人権を守り地域と連携しいることなどの以下の7つの原則を満たした業者で養殖された水産物にだけ与えられる認定です。

  1. 法的適合性(法令順守、営業権)
  2. 自然環境と生物多様性の保護
  3. 水資源の保護
  4. 種の多様性と天然魚の個体群の保護(天然魚にとって脅威となる養殖魚の脱走防止など。)
  5. 動物用飼料や他の資源の責任ある使用
  6. 動物の健康(抗生物質や薬剤の不必要な使用の禁止)
  7. 社会的責任(児童労働の禁止、労働者の健康と安全、集会の自由、コミュニティーとの良好な関係など)

なぜ養殖認証が重要なのか

世界の人口が増えるとともに、魚の需要も増大しています。魚は、高タンパク、低脂肪、栄養豊富で健康的な食べ物です。

しかし昔から続く漁業では、高まる需要を満たすことができません。漁業資源は有限であり、既に海水魚の86%* は限界まで漁獲されている、または乱獲されていると言われています。つまり、海の天然漁業は既に供給限度に達しているのです。

それを打開する方法が、養殖です。養殖だと、天然漁業への圧迫を減らしつつ、世界の需要を満たすことが可能です。養殖は世界で最も急速に伸びている食糧生産システムであり、2018年までに、世界で消費される魚の半分以上が養殖魚になる見込みです*。

しかし養殖魚に対する需要が急速に高まったことにより、新たな問題も出てきました。養殖は適切に管理しないと、ずさんな現場運営、水質汚染、生態系のかく乱、劣悪な労働条件など、様々な悪影響を引き起こします養殖産業の成長が急速であればあるほど、環境や地元コミュニティーに与える影響が大きくなります。そのため、この問題に直ちに取り組まなければなりません。

養殖の適正管理を推進すれば、環境や社会に与える影響を軽減しつつ、高まる水産物の需要を満たすことができます。

*国連食糧農業機関の「世界漁業・養殖業白書(2012)」(SOFIA, 2012, FAO)

https://www.asc-aqua.org/ja/asc-certification/why-certification-important/

地球温暖化による海水温の上昇で魚介類の漁獲高は年々減る一方で今後は養殖に頼らざるをえない状況です。

私たちの食の安全と、持続可能な環境に配慮して作られた養殖であることが承認されたマークを知っていれば、それを選ぶだけで「エシカル消費」ができます。

まとめ

海のエコマークは天然と養殖で2種類 

  • 基本は青地に「MSC」
  • 食卓に上がるまであらゆる段階のトレーサビリティが確立ている
  • 養殖に頼らざるを得ない未来も安全で持続可能な養殖魚のためのマークはグリーン地に「ASC」

タイトルとURLをコピーしました