訪問レッスン一部再開 / 男性限定ワークショップ開催中! / GW割引キャンペーン実施中♪ ここをタップ>

世界42か国が片づけ中♡KonMari Method™️
今だけキャンペーンも⇩からお申込みください

レッスン日程・お申込みはこちら >

鬼滅の刃【片づけ目線のブックレビュー】鬼はあなたの部屋にいる!

先日、訳あって「鬼滅の刃」のコミックス1巻から22巻までを2日間で読みました。まだ読んでない大人のために速読ポイントと読後に自分の生活に活かせるポイントをまとめてみました。(最終回23巻はまだ)

まだ読んでない大人へのおススメポイント

  • 鬼たちの回想シーンに自分の挫折や悲しい記憶を重ね、愛をこじらせたまま死にたくないっ!という自戒の念からフレッシュなやる気がでる
  • 小さい子供たちと同じ話題をなかなかの熱量で語り合えたり、教えを乞うたりできるのが素晴らしい
  • 呼吸大事、、、と健康の原点に返れる

「鬼滅の刃」を早読みするコツ

アニメは見てたので6巻までは思い出しつつ確認のための流し読みでした(鬼滅はアニメがコミックスに忠実なのでかなり飛ばしやすかったです)。それ以降は物語の内容を追いつつ、どんどんでてくる新しいキャラをキャッチアップしつつ、バトルシーンはかなりの俯瞰モードで読み込みましたー。大変でしたー^^; 。

そもそも本もマンガも読むのが早いのでマンガが面白ければギリギリ限界の期間。それこそ全集中モードで読みました。

私なりの鬼滅速読ポイント

とにかく姿勢!仙骨を縦てた姿勢を崩さない

ひじの下にクッション

舌先を上前歯の裏につける(頭蓋骨を支えてくれる)

大正こそこそ噂話は飛ばす(泣)

紙の表紙絵を楽しむことは飛ばす(泣)

名前を正確に覚えることはあきらめる

ワザの名前は読まない

バトルシーンにつじつま的なことを求めない

登場人物の感情に寄り添わない!

しかし、大切な説明シーンや、表情だけのカットなど、要所要所はしっかり読み込みます。マンガなので何気にセリフのないシーンのカットのほうが重要なことが多い気がします。作者は登場人物の表情や瞳に伝えたい感情を込めますので、そこはしっかりキャッチしないと作品の中に入っていけませんよね。

基本すっ飛ばしつつ、速度に強弱付けることが肝心です♪(だから15巻はもう少しじっくり読みたかったー)

鬼滅の片づけ

さて、

「鬼滅の刃」を読みつつも片づけコンサル目線で共感したシーンもあります。

大変恐縮ですが、鬼滅のとあるシーンを片づけ的に翻訳していきたいと思います。後半の大切な場面のきっかけとなるシーンでもあるので、ネタバレが心配な方はここまでで他の記事をご覧ください。こちらとか

手元にマンガがないので何巻かはわからないのですが、炭治郎のお父さんが「透き通る世界」の存在を幼き炭治郎に話すシーンです。

「不思議なもので、片づけを意識したばかりのころは、今より若く健康で力もあったのに、息も絶え絶えになって辛かった」

「最小限の動作で最大限の力をだすことなんだ そうすると 段々頭の中が透明になってくる」

「初めのうちは、、、(中略)自分のときめき感情を感じられないモノの一つ一つまで認識する この時は本当にくるしい このままもがき続けても 先が行き詰まっているとしか思えない」

「たくさんのことを覚え吸収した後は必要でないモノをそぎ落とす その動きに必要なモノだけ残して閉じる」(中略)

「やがてときめく/ときめかないの判断を まばたきするように素早く簡単にこなせるようになる」

「頭の中が透明になると”透き通る世界”が見え始める しかしこれは 片づけきると腹をくくって力の限りをもがいて苦しんだからこそ届いた”領域”」

炭治郎「俺もそこに行けるのかな?」

透き通る世界

とのことで、、、片づけにおいても一度腹をくくって片づけきると、頭の中が透明になり、自分の人生でもやることがハッキリ見えてきて、最小限の動作で最大限の力を出せるようになるのです。

ただしそうなる前には持ち物のひとつひとつを手に取り「ときめくか?」「本当にときめくか?」を問い続け、残すモノのひとつ残らずに居場所を作ってあげなければいけないのです。この作業中は正直シンドイ場合もあります。腰も痛く、目がショボショボすることも(笑)。

でも、一度”領域”に行ってしまえば、その後一切自分の選ぶモノにブレることも、パートナーの片づけが気になることもなくなり、炭治郎の父のように”いつも穏やかで川の細流のように落ち着いて“いられるようになるのです。

忘れられたモノたちは「鬼」になる

その他にも鬼滅と片づけには重なる部分がありました。

悲しき感情から鬼になってしまった者たちが、そのまんま「忘れられた悲しみからモヤモヤ感を出してしまうようになったモノたち」みたいに思えるのです!!

そう、モノだって幸せになりたいと思って生まれて、あなたに出会ったのです。あなたの目に留まって、あなたの家に引き取られて、あなたのために一生役立ちたかった、喜んで欲しかった、自分に笑顔を見せてほしかった、、、、。なのに、ちっとも使われず、ホコリを被り、すっかり忘れられているうちに、愛されたいと求める気持ちはやがて変異してしまう。

愛は憎しみと同質のエネルギーであるため、あなたが忘れてしまったあなたのモノたちは、いつまでもあなたに愛されたいというエネルギーをもはや憎しみに近い形に変異してしまっていると気づかずに健気に送り続けるのです。

もう、解放してあげませんか?あなたにまとわりつく「モヤモヤ感」をあなたのやさしさで解放してあげませんか?

炭治郎に習う鬼への慈しみ

炭治郎は消えゆく鬼たちの気持ちに寄り添ってあげますよね?手放すモノに「ありがとう」と言って成仏(?)してもらうこんまりメソッドにも重なります。

捨てること(手放すこと)は決して切り捨てることではない。捨てることは解放してあげること。そのモノの人生を受け入れてねぎらって最期に安らぎを与えてあげること。そのことを炭治郎が教えてくれます。

鬼になったモノたちとは「ときめかなくなったモノ」たちです。

あなたのお部屋の「鬼」を見つけてあげましょう。そして日の光の中に還してあげましょう。「透き通る世界」が見えるようになると、まるで赤外線カメラのようにモノたちの生命力(HPのイメージ)が見えるようになります。だから一度腹をくくることが大切!

「鬼滅の刃」って全巻を通して慈しみのパワーが物語を進めていきますよね。戦うことと慈しむことのエネルギーの本質の出どころが同じなんだと思います。片づけもホントそんな感じです。切ないけれどモノの最期を見守ってあげなくてはいけませんし、それをできるのは選ばれしあなただけ。

なのでぜひ「鬼滅の刃」祭りの後は片づけ祭りも終わらせてくださいね♪

Your choice,Your Life

Chinaco

片づけコンサルやってるのでやっぱり鬼殺隊事後処理部隊の後藤さんが好きです。

タイトルとURLをコピーしました